やっぱりニキビを治すためには基本は大切

つらいニキビ。
最近、いとこがニキビに悩んでいるという話を聞いて
私もなかなか治らなくて、鏡を見るたびに嫌な気持ちになったのを思い出しました。

色々な化粧品を試したり、薬を飲んだりしましたが、やっぱり治らない。
適度な運動もしているし、食生活もそんなに荒れていないのに…なんで?と、とても悩みました。

そんな時に、今までの肌のお手入れを思い返して
すごく気を付けるようになったことが2つあります。

1、早寝早起き
2、毎日の洗顔

この基本中の基本の2つでした。

早寝早起き、といっても私が大事だなぁと思ったのは早寝。
夜10時頃までに寝ると、次の日肌の調子がすごく良いです。
これは、寝ている間のホルモン分泌の関係なんだとか。
夜10時というと忙しい学生さん、社会人には早すぎると感じる時間かもしれません。
でも、お肌のためにはいつもより30分でも早く寝ることからはじめるといいかなぁと思います。

つぎに気を付けたのは「毎日の洗顔」。私は「朝と夜の2回」にこだわっています。
洗顔の回数が少ないと、毛穴に汚れや皮脂がつまりニキビの原因になります。
逆に、ニキビが気になってついつい洗顔しすぎると、必要な分の水分や油分までも落としてしまい、
乾燥した肌を補おうと、皮脂が出て、さらにニキビを悪化させる原因になります。
洗顔は朝と夜の2回。
ぬるま湯とよく泡立てた洗顔せっけんを使って優しく行います。
ここで気を付けているのは、洗顔せっけんをしっかりと洗い流すこと。
せっけんが残ると、ニキビの原因になるのでしつこいくらいにしっかりと優しく洗い流します。
洗顔のあとは、たっぷりの化粧水で水分を補給して、乳液で保湿も忘れずに。
乳液がべたついて苦手な人は、保湿ジェルでもOK。保湿をしないと化粧水の水分が蒸発してしまうので、忘れずにつけています。

この2つに気を付けて、毎日のお手入れをしていると、だんだんとニキビが減っていきました。
すぐに良くならなくても、継続して行うのが大切です。

頭皮の付近にできたニキビには頭皮ニキビ向けの化粧品を使うのも大切ですよ。