消えないと思っていたニキビ跡…「アルニカ」で改善できるかも!

もともとあまりニキビができる体質ではないのですが、不摂生が続いたり、油モノや甘い物を食べすぎたりすると、翌日ポツっと突然おでこや頬、顎などにできたりすることがあります。
先日も、朝起きると、何やら眉間に違和感が。指で触れると、痛くて膨らんでいて。鏡を見ると、赤く腫れた、大きなニキビができていました。
それがもう、痛くて痛くて…。何とかしたいと思い、よくないとはわかっていたけれど、つい、すぐにつぶしてしまったのです。その後、消毒したり薬を塗ったりとケアをしているうちに、腫れや痛みは引いたものの、くっきりとニキビ跡が残ってしまいました。
おでこならまだ前髪で隠れたのでしょうが、眉間のど真ん中にできた大きなニキビ跡は、化粧で隠そうとしてもやっぱり目立ってしまいます。恥ずかしいなぁ、どうしよう…と悩んでいたところ、ふと薬箱に入っているクリームに目が止まりました。
それは数年前、ヨーロッパに滞在していたときに購入した、アルニカというハーブのクリームでした。
当時、冬のヨーロッパの寒さで肩こりが酷くなったせいか、ムチウチ状態で首が回らなくなり、薬局に相談に行ったところ、勧められたのがこのアルニカクリームでした。「捻挫とか、筋肉痛とか、あとは傷のふさがった傷跡を早くキレイにしてくれたりするのよ」といわれて半信半疑で購入。寝る前に痛いところ全体に塗ってみたら、翌朝にはムチウチ状態だった首から不思議なほど痛みが取れていて、2日でほぼ完全復活したという、驚異のクリームだったのです。
「そんなこともあったな。そういえば、傷跡を消す、とも言ってたっけ?それじゃ、ニキビ跡も?」と思い立ち、ネットで調べてみることに。すると、確かにネットでも、アルニカの効能としてニキビ跡に効く、との記述が!これは試してみる価値があると思って、その日の夜にさっそく塗って寝ることにしました。
翌日…。なんと、ホントにニキビ跡が改善されていたのです!年齢的に若くないので、放っておけば絶対にニキビ跡なんていつまでも治りません。なのに、明らかに跡が薄く小さくなっているのです。こんなに効果が実感できるなんて…と驚きました。
日本ではあまり一般には知られていないアルニカですが、スポーツ選手が筋肉のマッサージに使っていたり、実はとても有用なハーブとのこと。日本でも買えるものはいくつかあるようだし、ニキビ跡や傷跡を早くキレイにしてくれるので、日本でもいつかアルニカブームが来るかも!?と今後のアルニカの動向に期待したいと思います。